交通事故に遭ってしまった時に、慰謝料を確保するには

万が一交通事故に遭ってしまったら、と考えたことはありますか?

「交通事故に遭ってしまったら、身分証持っていないのに家に連絡ちゃんと行くだろうか」とか
「交通事故に遭ってしまったら、今部屋が片付いていないのに困るなあ……」とか、
あるいは、
「交通事故に遭ってしまったら、病院に運ばれても今下着が上下バラバラなのに恥ずかしいな~」なんて人もいるでしょうか。

そういうことは考えたことがある人も多いかもしれません。
ですが、実際に交通事故に遭ってしまった時に、誰が何をどうするのか、考えたことはありますか?

交通事故に遭ってしまったら、誰かが救急車を呼んでくれて病院で治療してもらえて、
警察がきちんと調べてくれて、加害者が病院代や慰謝料を払ってくれる……。
そんなイメージの方、現実はちょっと違いますよ。
いざというときに、慌てないためにも、事前に予備知識を持っておくことをおすすめします。

「交通事故と慰謝料.jp(xn--o9j102gec457gdmeqoat28s0li.jp)」というサイトなら、
交通事故発生から示談までの流れも紹介されていますし、
どのタイミングで何をすべきか、法律の専門家に依頼すべきはいつか、などもわかります。

また、交通事故と慰謝料の問題に強い弁護士事務所なども一緒に紹介されていますので、
是非一度ご覧になって下さいね。

借金の相談は気軽に法律家に相談してみましょう

「借金、頑張って返済しているのに金利分ばかりで元本がなかなか減らないなあ」
「取り立てが厳しくて辛い……」
「過払い金請求ってよく聞くけど、払い終わった借金の利子本当にも戻ってくるのだろうか」

借金についてのお悩みは、人それぞれですよね。
借金をしていることを身近な人に知られたくないから、頑張ってひっそりと返金しているという人もいるでしょう。

ですが、もう一人で悩まないでください。
借金の問題は、借金の専門家である法律家に相談して、債務整理してもらいましょう。
債務整理することで、借金が減ったりゼロになったり、払いすぎた利子の分のお金が返ってきたりする可能性があります。
厳しい取り立てを一時ストップさせることもできるかもしれません。

法律家に相談するというのは、敷居が高いものではありません。
初回無料相談が無料のところや、成功報酬型を採用しているため結果が出てからの支払いで良いところなど、
さまざまな法律家・法律事務所があります。

例えば、「借金と債務整理.jp(xn--o9jt86g5maw4ep60bp5tjv1c.jp)」というサイトには、
借金債務整理に強い法律事務所・法律家が紹介されています。いざというときにとても参考になりますよ。
まずはメールや電話で相談されることをオススメします。

交通事故による慰謝料の仕組み

交通事故の慰謝料に関する詳細については、意外と知られていないようです。被害者が要求する額をそのまま加害者へ請求することはできるのですが、多くの場合、この金額は認められません。

被害者と加害者の間には保険会社が入るのですが、被害者が大けがを追って会社へ通勤することが困難で、通院期間仕事ができなくなったとしても、慰謝料の相場というものがあり、保険会社がこれくらいの慰謝料を支払います、という金額を提示します。そこから双方の折り合いがつくように交渉して、示談金という形で解決することになります。

しかし、保険会社と被害者の間で交渉をすると、多くの場合が保険会社主導で動くケースがほとんどです。保険会社は交渉のプロですから、保険会社が支払う慰謝料がなるべく安くなるように優位に進めます。それでは納得ができない!という場合には被害者側は弁護士に相談し、増額してもらうように依頼します。

交通事故に詳しい弁護士をうまく見つけることができると、保険会社が提示する慰謝料よりも増額することは充分可能です。弁護士費用をネックに挙げられる方も居ますが、慰謝料が増額した分で十分利益が出るほどですので、交通事故の被害に遭った時には弁護士に相談すると良いです。

自分に合った借金債務整理とは

借金は、できるだけ早くなくしたいですよね。
借金を完済したり、額を減らしたり、あるいはなくしてしまったり、いわゆる借金債務整理には、いろいろなパターンがあることをご存知でしょうか。

例えば、一定の収入はあるので、借りた額だけでも返したいけど、利子が高くてなかなか難しいという方。
「任意整理」という方法があります。借金の減額をローン会社などにお願いするものです。

それから、ここ数年、電車の広告などでも良く目にするのが「過払い金返還請求」という債務整理の方法です。
これは、法律で定められた以上の金利でお金を借りていた場合、払いすぎた金利分を返してもらえます。

「自己破産」はわかりやすいですね。
手持ちの資産を手放す代わりに、借金もチャラにしてもらえるので、ゼロからのスタートを切ることができます。

借金は減らしたいけれど、自己破産してマイホームが無くなってしまうのはいやだなあという方には「個人民事再生」という債務整理の方法がオススメです。

さて、あなたの借金はどの方法で債務整理するのが良いでしょうか。
一人で悩んでいないで、迷ったときは、是非法律家に相談して下さい。
悩んでいるよりも、法律家に相談して一番良い方法で、早く借金から解放されましょう。

万が一交通事故に遭ってしまったら

万が一交通事故に遭ってしまったら、すべきことは何でしょうか。
治療ももちろん大事ですが、交通事故後はできるだけ早く法律家に相談することが必要だということはご存知でしょうか。

まずは治療が落ち着いて、体調が戻ってきてから、示談についていろいろと考える……というのでは遅いのです。その理由は、回復する前の、事故直後の状態を法律家に知ってもらった方が良いということと、事故後にすべきことについて法律家にアドバイスしてもらった方が何かと良いからです。

あなたが被害に遭った交通事故が、ちゃんと人身事故として扱われているかどうかの確認から、
症状固定・後遺障害の等級の認定まで、数多くの事例を知っている交通事故を専門とする法律家にサポートしてもらえば、慰謝料の額も増える可能性があります。
慰謝料というのは、加害者側及び加害者側の保険会社は、できるだけ少なくしようと考えていますが、
その提示額があなたの被害状況に見合ったものだとは限らないのです。

特に、いわゆる後遺症は、上でも少し触れたように「後遺障害」としてきちんと認定されないと、治療費が慰謝料から出ない場合があります。
泣き寝入りしないためにも、交通事故と慰謝料の問題を専門とする法律家に早めに相談しましょう。